1月/23/2021

English Translation of Yahoo Japan News

Here is English Translation of my article in Yahoo Japan News. >>

Yahoo Japan News

(Translation from original Japanese article)

By Nobuhiro Hosoki Saturday 12/26/2020 19:10

Japanese actress Sayuri Oyamada on her collaboration with Lady Gaga and starting a food business in New York during lockdown.

Above: Sayuri Oyamada (PHOTO: YUKI M Ledbetter)

The Covid-19 pandemic continues to rob thousands of artists and entertainers of their livelihood. Japanese actress Sayuri Oyamada is one such artist. She lives in New York City where the number of people infected with the Corona virus continues to rise at an alarming rate. Trying to survive, Sayuri has discovered an unexpected path forward.

A Japanese Actress Comes to America

“I grew up in the countryside in Japan,” says Sayuri. “The world of TV and movies seemed a long way away,” she recalls. But when she was a junior college student in Japan, she was scouted by a Japanese agency for models and actors. It changed her life.

“I didn’t want to go back to the country life. Working for that agency meant getting a job that allowed me to leave home. Initially, I had only been allowed to go to a junior college on the condition that I would go back home after graduating.
My father’s company sold educational materials for kindergarten and elementary schools. He had connections in schools. I had already earned my certifications as a licensed kindergarten teacher and elementary school teacher at that point. So I had been told to return home to work in a school there. I got out of that by working for that agency.”

At first, the agency booked Sayuri to appear in TV commercials. But when Sayuri met a talent manager and president of another small agency, Sayuri’s focus shifted to more serious acting roles.

“That manager, who was mainly working with male actors at the time, really loved movies. We started working together as a team to develop and cultivate my acting career. The agency doesn’t exist anymore but thanks to that encounter, I was able to learn how to become a more serious actress.”

Sayuri was cast in “Bright Future”, a film by Japanese director Kiyoshi Kurosawa, then she starred in “Seventh Anniversary” by Isao Yukisada. Soon after, she was co-starring in movies with major Japanese stars including Aoi Miyazaki, Hidetoshi Nishijima, Ken Ogata, Beat Takeshi, always challenging herself to act in different genres of movies. But when Sayuri turned 30, her career hit a wall.

“To be honest, I had often been cast as an actress with a certain vibe or a waif-like presence that seemed to be appreciated and valued,” Sayuri explains. “But after the age of 30, actresses in Japan find it harder to work. I thought, I can’t just rely on a vibe, I want to sharpen my skills as an actress.”

Just then, her destiny changed again when she appeared in a film and a TV series outside of Japan. “The first project was a film we shot in the Dominican Republic called ‘Miracle Banana’ and the other was a TV drama series called ‘Proof of Memories’ (29 episodes) for the Chinese TV network CCTV. As the lead in that TV series, I worked in China for three months!” Sayuri recalls with excitement.

The experience abroad was transformational. She applied and interviewed for a program called Nurturing Upcoming Artists with Potentially Global Appeal by the Japanese government’s Agency for Cultural Affairs. She remembers sharing her dreams of going to New York with the interviewer. “I expressed my love for the independent film movement of the 1980s and my belief that in New York, I could experience and learn not just movies but also the culture behind them.”

Having nailed the interview, Sayuri got her chance to come to America in her 30s. But there were hurdles waiting for her in the Big Apple.

Getting stronger and working with Lady Gaga

Sayuri enrolled in film school in New York City. “I could barely speak English so just getting into the school was a major

challenge. Wow, how ignorant have I been?! I pushed myself and worked as hard as I could to learn. It was hard but during that period, I really grew.”

Having worked with several top directors in Japan, it was not easy for Sayuri to start all over again in another country as an actress. But her thinking about this evolved over time.

“Acting is the same everywhere. Of course, learning English was essential if I wanted to succeed in the film industry in America. I’m always going to be learning English, probably forever. But I’ll never be a native speaker and I’m OK with that now. In a way, it’s better for me to have a somewhat relaxed attitude to that. It helps me learn and speak English naturally. Then I realized that acting is really not just about words.”

Sayuri began to leverage what she calls her instinct as an actress and a performer and not focus solely on her language skills. That, she believes, led to her being cast in an advertising campaign for the cosmetic giant Shiseido alongside Lady Gaga which in turn led to roles in other movies.

Sayuri praises Lady Gaga’s ability to collaborate. “Gaga was always exchanging ideas with fashion industry powerhouses like Ellen Von Unwerth. Then she’d turn to me while we were shooting the commercial and kindly advise me, ‘I’m wearing these huge heels so I can’t move much. You can totally move around me, OK?’ Working with her, I could tell that she was a perfectionist and was passionate about every minute of her work. She was completely down to earth and very approachable, very strong and proud. I felt her strength every moment I was with her. What an amazing and charismatic woman. I became a fan instantaneously. That kind of powerful determination, I felt, is often lacking in some Japanese women like myself. Maybe it has to do with our culture and social environment. I just felt that I could learn a lot from of her ‘just be yourself’ mantra.”

Impressed by Lady Gaga’s integrity and confidence, Sayuri says that she learned how to grow stronger. That combined with the business savvy that she picked up from her husband prepared Sayuri to start a brand-new business during lockdown when getting work as an actress became difficult.

Starting a Japanese food business

Above: Creative rice ball business (PHOTO: OYAMADA ONIGIRI / Lloyd Kevin Hembrador)

The pandemic has dealt a blow to the film industry. While some big budget movies are shooting in Canada and the UK, many lower budget and independent films cannot shoot at all for safety reasons because they cannot secure locations or have a viable schedule. She struggled along with many in the industry. But unexpectedly, her lifelong love of food led to a new path when a friend suggested that Sayuri might be able to channel her creativity into a food business.

“When New York went into lockdown and every business was struggling to survive, this friend of mine was working every day at a grocery store in downtown Manhattan. Not even a day off. I gave that friend my homemade Japanese food and they loved it! ‘Why don’t you make your rice balls and sell them?’ they said.”

Without high expectations, Sayuri made her own distinctive onigiris and sold them at a Japanese grocery store. She had nothing to lose, she thought, so why not try it? Much to her surprise, her onigiris were a hit even amongst American customers. They sold out every day. “It was a small grocery store, but we were selling out 70 onigiri rice balls every day. I was encouraged to expand. Another client became interested in my foods so two months ago, I incorporated and hired staff to grow the business,” Sayuri recalls. Now she was officially stepping into the unknown world of the food industry.

For the past six months, Sayuri has worked on creating the ultimate onigiri rice balls as well as healthy rolls that are half- onigiri and half sushi starting at five in the morning every day. She only took two days off during that whole period and created eight different varieties which she is now in the process of taste-testing.

Above: Colorful and yummy Japanese rolls and snacks (PHOTO: OYAMADA ONIGIRI / Lloyd Kevin Hembrador)

The acting world or the food business?

“For me, simply being an actress and nothing else might be an outdated way of thinking. I should try different things, I think. That’s something I could have never done when I was in Japan. I felt that when a woman or an actress tried to do a new thing or try something different, there was always a pressure to criticize her. I know that acting and the food business are two completely different things. But I was able to face the challenge because I was in America. Here, I don’t think

people think that an actress can’t be involved in the food industry,” says Sayuri. The facts bear this out. In Hollywood, many successful actors have started or become involved in cosmetic and fashion businesses.

“Right now, I’m focusing on my Japanese food business but when we are out of this pandemic, I would also like to do some acting,” Sayuri notes. Her latest feature film, a horror movie titled “Bashira,” had been scheduled to open in theaters in November 2020. Due to the pandemic, its release has been postponed.

Sayuri seems unfazed: “It’s good to have options. And no matter what anyone says, once you decide something, you should just push forward.” She’s come far since her film school days in New York City barely speaking English. In 10 years, she has become a spirited survivor with relentless energy and passion. An unstoppable woman moving onwards and upwards, she is a true New Yorker in fact.

— End–

9月/09/2020

OYAMADAおにぎり、新潟日報に掲載されました。

今日もOYAMADAおにぎり、夕方にはすでに完売し、嬉しい&ありがたい限りなのですが、

そんな中、 新潟日報  さんから取材を受け、数日前に掲載していただきました。

新潟日報さんのウェブサイト・新潟日報モアに詳しく掲載されております。

詳しくはこちらから >>

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20200907566480.html

コロナ禍の状況下でなぜおにぎりの企画・販売を始めたのか…など、とても丁寧にそして端的に文章にしてくださいました。

たった一つのおにぎりが、国や人種、宗教を超え、人々の癒しになれば…
それがOYAMADAおにぎりのコンセプトです。
OYAMADA Onigiri got into a Japanese newspaper, Niigata Nippo in Japan.
I am so glad and honor to be covered in the newspaper!
“For everyone” “For all people”
OYAMADA Onigiri aims at inclusion without regard to race, religion and gender.
This is my brand concept…
I am sure you will probably be impressed by a unique blend of flavors.
Please enjoy and feel OYAMADA Onigiri!

 

9月/05/2020

OYAMADAおにぎり in New York

OYAMADA おにぎり、ニューヨークのマンハッタンにあるMIDORIYAさんで販売を開始してまだ1ヶ月も経っていませんが、大変好評で、連日完売!

とてもありがたく、嬉しいことこの上ないのですが、ニューヨーカーにこんなにも日本のおにぎりが受け入れられるなんて少し驚きです…

他の日系グロッサリーストアさんとは違い、場所柄もあるのか、ほとんどのお客さんがアメリカ人のMIDIRIYAさんで、毎日たくさんの方におにぎりを手に取ってもらい、本当に嬉しくありがたく思っています。こちら、ニューヨークでは今、柚子が大人気。

おにぎりにも然り、鮭 with 柚子は一番人気。

また、アメリカで定番の野菜ケール&アボカドと、味噌を使ったCali OYAMADAも新しもの好きのニューヨーカーに大変人気。(こちらは私の自信作!)

ゆかりwith アボカドもすでにコアなファンがすでについてくれていて、ゆかり大好きな私も嬉しい限り。

チキンそぼろも安定の人気で鮭 with 柚子と並んですぐに完売になってしまいます。

ニューヨークはコロナは抑制されつつありますが、レストランやバーなどはまだ完全に再開されておらず(今日聞いた話しでは来年まで⁉︎)、人々もまだまだ不便な生活を送っています。

たった一つのおにぎりが、国や人種、宗教を超えすべての人々の癒しになれば…

それが、OYAMADAおにぎりのコンセプトです。

 

8月/18/2020

アース・セレブレーション オンラインマーケットに出店!

お知らせ

アース・セレブレーション、オンラインマーケットに8月17日〜8月23日まで
SY; by Sayuri Oyamadaが出店中!

佐渡そして全国・世界の26店舗(FOOD7店、CRAFT19店)どのお店も個性的で素敵です❤️

ぜひオンラインマーケットにお立ち寄り下さい。>>

アース・セレブレーション(EC)とは…1988年から始まる、30年を超える新潟県・佐渡島での野外フェスティバル。

EC公式サイト>> https://earthcelebration.jp/

公式YouTubeチャンネル>> https://www.youtube.com/c/EARTHCELEBRATION

今年は「佐渡から世界と繋がる」をテーマに、無観客・オンライン配信による新しい形のアース・セレブレーションを開催するとのことで、SY; by Sayuri Oyamadaも今年のテーマに賛同し、ニューヨークから佐渡へ、そして世界へと繫るオンラインマーケットに参加致しております。

いまだ新型コロナウィルスによるパンデミックは収まっておりませんが、この素晴らしいイベントの初のこころみが成功することを願っております。

そして、いつかまた佐渡に、そして世界に自由に行き来できる日が来ることを祈っております…

 

8月/09/2020

OYAMADA オリジナルおにぎり販売のお知らせ

OYAMADA オリジナルおにぎり販売のお知らせ

今回、ご縁あってマンハッタンのユニオンスクエアに位置するMIDORIYA NYさんの協力のもとOYAMADAオリジナルおにぎりを商品化、販売致しました。

かねてより日本の素晴らしい伝統的な技術や文化をもっと世界に向けて発信したい、古い伝統も大切にしつつ今の時代にあった新しいエッセンスや斬新さを融合させ人々に提案したいと願っておりました。

また、今回のコロナ禍で、私自身多くの困難に見舞われ、日に日に悪化して行く身の回りの出来事や世界情勢に今までにない悲しみと恐怖を感じました。何か少しでも人々の役に立ちたいと思う反面、自分自身の心が今までになく崩れて行くことにも不安と動揺を感じました。そんな中、ロックダウン中に毎日作っていた和食が私自身の心の支えになっていたこと、”食” が人々にとって生きていく(活きていく)上で、いかに重要かを再認識させられ、今までの価値観や人生観が変わったことも大きなきっかけの一つでした。

そして2020年、その願いと共に多目的コンセプトブランド OYAMADA Japan を立ち上げ、OYAMADAオリジナルおにぎりの監修、商品化を実現致しました。

現段階として、OYAMADAオリジナル 鶏そぼろ、鮭 with ゆず、ゆかり with アボカド、Cali OYAMADAの4種類のおにぎりをMIDORIYA NYにて販売を開始しております。近々新しい商品の販売も予定しており、また日系食品会社とのコラボレーション企画も同時進行中です。

この機会に、ぜひOYAMADAオリジナルおにぎりをお手に取っていただけたら嬉しく思います。

小山田サユリ🍙

6月/08/2020

今日で100日目、第一段階のCOVID-19抑制策緩和 from NY

こちらニューヨーク州で初めて新型コロナウィルス感染者が確認されてから今日でちょうど100日目となりました。

そして、ニューヨーク州の中心地が第一段階のCOVID-19抑制策緩和(建設、製造、一部の小売業、約40万人が仕事を再開)が今日からついに始まりました。

まだまだ不自由な暮らしは変わりませんが、今日から徐々に街は動き出して行くことでしょう。

Congratulations on a new normal day!

この100日の間にアメリカ、ニューヨーク、人々にとって、たくさんのことが起こりました。

COVID-19による感染、政治、経済、人々の生活や身近にあるものこと、最近で言えばJustice For George Floydについてのプロテスト(デモ活動)とそれによって派生した暴動など。

先週末は日中・夜中関係なくヘリコプターが上空を飛び、催涙弾や閃光弾の音、時には銃声も聞こえ、ニューヨークの街が壊れて行く悲しさと恐怖で眠れぬ夜を過ごしました。

今、街は少しずつ落ち着きを取り戻しつつあるし、昼間に行われているデモ行進は平和的だし、私個人としてもプロテスト(デモ活動)は支持しています。

海外に住んでいる日本人の私は、以前にも差別的な事を言われたり・されたりした事はありましたが、特にこのコロナ禍中はあからさまな言葉や行動による差別を受けました。とてもショックだったし、悲しくて道で悔し泣きもしました。今までは、我慢するしかないと思っていたけれど、この状況下でたくさんの記事や論説、人々の意見や感想を読んだり聞いたりして学び考え、私なりの意思表示や行動をしていこうと思い直しました。

「これはおかしい」と声を上げて行くしかないと。

そうでなければ偏見はなくならない。

私を含め、(人種)差別を他人事として扱うのはもうやめにしましょう。

誰が何を言ってもいいと思う。反対意見をぶつけ合ったり、意見が違う相手を弾圧せず、また考えを変えることにも恐れず、少しでも周りの環境や人々の関係が改善されるように対話を持った方がより良い社会になるのではないでしょうか?

この数ヶ月の間に、いろいろなことが起こり、経験し学びました。そして、これらは未来の私たちの人生の何らかの転機になることと思います。いい方へ向かうのか悪い方へ向かうのか、正直わかりませんが、少しでも明るくいい方へ向かうことを祈って…

暴動によって破壊され略奪された店々や入口や路面のガラスに板を取り付け防御する店など。

食料の買い出しへ。at MIDORIYA

まだまだ油断はできないコロナ感染…サングラスにマスク、手袋…怪しさ満載な姿ですね。

 

 

5月/19/2020

HISモルディブ PR大使 : HIS Maldives PR Ambassador

お知らせ

この度、ご縁あってHISモルディブPR大使に就任致しました。

まだなお世界中でCOVID-19で先行き不安な毎日を過ごしておりますが、

モルディブの美しさが少しでも皆さんの癒しになれば…と願いを込めて…

LOVE Maldives ❤️

I am very honored to announce to become to HIS Maldives PR Ambassador!

I am really glad to work with them.

We still concern about COVID-19 and the future of the world economy. but we have to keep going forward…

We are able to confront the difficulties!

Love Maldives ❤️

HISモルディブ観光ブログ

 

3月/25/2020

ニューヨークより… COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の拡大

ニューヨークは、COVID-19(新型コロナウィルス感染症)の拡大が深刻化してロックダウンが始まって何日経つのでしょうか…

正式には3月22日午後8時からでしたが、もっとその前から人々や街は自主規制、在宅勤務や不要不急の外出をしないようにしていたから、かれこれもうすぐ一週間⁈…いやいや、まだ一週間も経っていない⁈

いつまで続くのでしょうか、この状況…

人も経済も殺伐としていて、私が大好きだったニューヨーク、”毎日活気に溢れ、すれ違う人々は誰でも挨拶したりおしゃべりしたり…いつも発見と期待が満載で飽きることのないこの街”は、何処へ行ってしまったのでしょうか…外出する時はSocial Distancing 6 feet (人と人との距離を183cm空けること)、マスクや使い捨て手袋の使用、仕事や学校にも行けず、レストランやバー、カフェにも行けず、人とハグや直接会って話しもできないニューヨークなんて誰が想像していたでしょうか…

先週、お米を買いにマンハッタンの17 streetにある日本の食材を扱う Midoriya New York 

へ行って来ました。ここにはまだお米や日本の食材があってホッと一安心でした。

そんな先々の不安や厳しい状況の中でも、情報に過度に反応せず、ストレスを溜めずどうやって日々を過ごしていくかもとても大切。

日頃、なかなかできなかったことややってみたかったことなどを実践中。

掃除、洗濯にアイロン掛け、ヨガに加えて毎回挫折するメディテーションにも再挑戦。

 

食材の買い出しの時にはマスクに手袋もちゃんと着けて。

些細なことでもクリエーティブな精神や遊び心も忘れず、日々を楽しくどう過ごすか…

そうそう、最近、ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏のCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)への対策や強いリーダーシップなどで彼の好感度がうなぎ登り。毎日開かれる会見にもファッション雑誌(サイト)までもが注目。

夫も私も気が滅入るから…とテレビのニュースから遠ざかっていたけれど、数日前から毎朝の彼の会見は観るようになりました。夫は以前は全く評価していなかったクオモ氏を今回のコロナウィルス感染拡大への対策や会見の振る舞いなどを好評価。どこぞの内閣総理大臣とは比較にならないほどのリーダーシップでニューヨーカーもとより、アメリカ国民の心を鷲掴み⁈

日本もオリンピックが延期になり、東京都のCOVID-19の感染者が急増中とも聞きました。人も経済も大変な状況だからこそ、政府や政府機関が強いリーダーシップで的確な対策を取って欲しいと願っています。旅行代助成や和牛商品券…もう怒りを通り越して笑ってしまいました。なんとかならないのかな、日本…海の向こうから焦ったく思っております。

そんなこんなで日々を過ごしております。

 

 

3月/12/2020

in Ho Chi Minh, Vietnam : ベトナム、ホー・チ・ミン

アジア、モルディブからニューヨークに戻りましたが、こちらもコロウィルスで街が殺伐としてきてこの状況に戸惑っております…

日本も経済、人々がかなり厳しい状況に置かれていると聞いています。

本当にいつまで続くのでしょうか、どうしたらいいのでしょうか…

過剰に心配することなく、日頃の手洗い、うがいの徹底で感染症対策に努めて行きたいです…というか、個人でできることは、それしかないですね…

さて、気分を変えて…

仕事でしばらく滞在していたクアラルンプールや数日間の滞在でしたがものすごく刺激的だったベトナムのホー・チ・ミンについて少しずつアップして行きたいと思います。

ベトナム、ホー・チ・ミン。

とにかく街は活気に溢れ、人々のエナジーを感じた滞在でした。そして、バイクの数!

信号もあまりなく、あっても役に立っていないこともあり、どこもかしこも交通渋滞。

交通ルールなんてあるのかな…と思うくらい、バイクも車も道いっぱいに所狭しと行き交い、交通事故に遭わなかっただけでもラッキーでした。と言いつつ一度、私が乗っていたGrab(UberやLyftのような配車サービス)がバイクと衝突し、道のど真ん中で大げんかした時にはびっくり&ビビりました…そして、お互いが怒りながらもまた持ち場に戻って行った(来た)時には唖然…目の前にいた警察さえも素知らぬ振り…うん、ここには交通ルールというものはないのですね…

街の中で一際目立つ、ピンクの教会・タンディン教会(Nhà thờ Công Giáo Tân Định)

以前、お土産でいただいた以来、ずっと気になっていたamaiというテーブルウエアブランド。 ベトナム料理のバインセオ。

発展している地域とまだまだローカル感漂う街並みの対比がとても面白く、歩いていても飽きません。

そして、このお店!空港近くのリトル・ハノイ的地域にあるのですがこちらのブン・チャが絶品で、大感動の味でした。絶対おすすめです。

まだまだ紹介したい場所や人々がたくさんのホー・チ・ミン。

街も人も勢いがあって刺激的で…日本もこんな時期があったのだろうな…と思わせるノスタルジックな滞在でもありました。

また必ず行きたい、いや、絶対行く!今度はハノイや他の地域にも足を伸ばしたいな…

2月/27/2020

ベトナム, Toki Saigon Resort & Spa:Ho Chi Minh, Vietnam

The colonavirus causing severe lung disease that started in China has spread to around 40 countries…

We have to get dissemination and understanding of correct knowledge now…

Well…

I went to Ho Chi Minh from Kuala Lumpur for my business and I stayed in a beautiful Hotel in Vietnam.

TOKI SAIGON RESORT & SPA

世界各地で新型コロナウィルスの感染が報告されていますが…過剰に心配することなく、日頃のマスクの着用や手洗い、うがいの徹底で感染症対策に務め行きたいものです。

さて…仕事でクアラルンプールからベトナムのホー・チ・ミンへ行き、TOKI SAIGON RESORT & SPAという素敵なホテルに泊まりました。

The sun is bright and the sky is blue here!

There are 8 villas, beautiful pool, poolside bar, and restaurant in the Toki Saigon Resort & Spa. oh, and also there is a billiard table next to the bar!

and…If you want to play golf, here is near by a great golf corse.

明るい太陽に真っ青な空のホー・チ・ミン・シティ。

こちらのTOKI SAIGON RESORT & SPAは、8つのヴィラとプール、プールサイドバー、レストラン、そしてバーの横にはビリヤードテーブル!もし、ゴルフをやるならすぐ近くに人気のゴルフ場もあり、ホーチミンの隠れ家的立地。

しかも、大人向けなヴィラと思いつつ、キッズルームやキッズ用プール、可愛いゾウさんの滑り台まであり、家族連れでも十分楽しめる所。

These is a Kid’s room & Kid’s pool with cutie elephant slide too! so here is a good to stay for couple, friends and family! for all the people!!

My room was very classical and comfortable style.

私が滞在した部屋はとてもクラシカルで落ち着いたスタイル。レストランの料理もどれを食べてもフレッシュで美味しい!ベトナム料理にはパクチーが付きものと思っていましたが、本場の昔からあるベトナム料理には本来、パクチーはほとんど使われていないとのこと。パクチーアレルギーがある私も安心して地元料理を堪能できました。They have many different type of Vietnamese food. Everything is fantastic!!

Everyone in the staff is really nice as well.

スタッフの皆さんもとてもフレンドリーで親切。

数日の滞在でしたが、またぜひ必ず訪れたい場所の一つになりました。

I couldn’t stay in Ho Chi Minh City a few days but I was really happy to stay the resort & spa.

I am sure I will be back soon…